合同会社 オフィスKAJA

沿革

2007年4月 代表 河田圭輔、狂言師として個人活動開始

2015年7月 給湯流茶道と共同事業開始。河田全休(芸名)として「サラリーマン狂言」等の創作活動を始める

2019年7月 オフィスKAJAとして団体活動開始

2019年11月 「お座敷狂言会」開始。古典狂言の普及公演(以後毎月、京都市)

2019年11月 「サラリーマン狂言」で「ポーランドにおける日本演劇祭」参加。ポーランド2都市(ワルシャワ、ポズナン)にて古典狂言と新作狂言を披露

2020年2月 「サラリーマン狂言vol.3」としてポーランド公演の報告会を実施(京都市)

2020年2月 オフィスKAJA団体法人化

2020年3月 「町家で学ぶ狂言カフェ」実施(「お座敷狂言会」の後継事業)

 

事業内容

(1)狂言や演劇等への出演
(2)新作狂言や演劇等の制作
(3)狂言を中心とした日本の芸能・文化・伝統等に関する講演の実施、書籍の執筆、映像の制作、教室の開催
(4)狂言衣装の着付けや舞台補助、及び、その教室の開催
(5)前各号に附帯関連する一切の事業